2012年12月25日

【講座】エイゼンシュテインの理論がとらえるもの(1/12)


エイゼンシュテイン・シネクラブ(日本)
1月例会(第240回)のご案内

21世紀のエイゼンシュテイン(4)
エイゼンシュテインの理論がとらえるもの



 「エイゼンシュテインの理論はもう古い」……? 映画を仕事とする人ですら、「エイゼンシュテインって何ですか」と言うこのご時世、戦前の理論なんて古いと言う人がいるのに不思議はありません。しかし、彼が展開した議論は簡単に古びるような話ではないし、そもそも「古いから価値がない」というのは大間違いです。では今、私たちはどんなメッセージを受け取ることができるのでしょうか。エイゼンシュテインの理論的業績について考えます。

日時:2013年1月12日(土) 18:15開会
会場:文京シビックセンター(東京・春日)5階会議室B
講師:井上 徹(当会副代表、映画史・ユーラシア文化研究)
会費:一般会員無料(当日会員1200円)

文京シビックセンター

◎定期総会予告
◎第24回定期総会
2月16日(土)18:15開会
文京シビックセンター5階会議室Bにて
基調報告「映画のゆくえとエイゼンシュテイン」(井上徹)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。