2013年08月01日

【講座】クレショフとエイゼンシュテイン(東京、8/17)


エイゼンシュテイン・シネクラブ
8月例会(第246回)のご案内

クレショフとエイゼンシュテイン




 「クレショフ効果」という言葉で、何となく知られているレフ・クレショフ。ソビエト・モンタージュ派映画の創始者で、エイゼンシュテインに映画の手ほどきをした人物でもあります。
 この夏、「レフ・クレショフ傑作選」が、ユーロスペース(東京・渋谷)のレイトショー(21:10〜)で上映されるのを機に、クレショフとエイゼンシュテインとの関わりについて考えてみたいと思います。
※なお、当日の「レフ・クレショフ傑作選」で山崎バニラさんの活弁付きで『ボリシェヴィキの国におけるウェスト氏の異常な冒険』が上映されます。この上映に間に合うよう、例会を早めに終える予定です。

日時:2013年8月17日(土) 18:15開会
会場:文京シビックセンター(東京・春日)
   4階会議室A(シルバーセンター内)
文京シビックセンター

講師:井上 徹(当会代表、映画史・ユーラシア文化研究)
※ビデオプロジェクターによる参考上映を予定
会費:一般会員無料(当日会員1200円、通信会員半額)

◎例会予告
◎9月例会予告
9月21日(土)18:15開会
文京シビックセンター内会議室(予定)
※内容調整中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。