2014年03月10日

【講座】マクシム・パヴロフ映画博物館副館長を迎えて(東京、3/24)


エイゼンシュテイン・シネクラブ
3月例会(第252回)のご案内

ロシア国立中央映画博物館の現状、そこに集まる映画愛好者たち
〜マクシム・パヴロフ副館長を迎えて〜




 このたび、国際交流基金の招きで、マクシム・パヴロフ・ロシア国立中央映画博物館副館長が来日します。われわれの名誉顧問であるナウーム・クレイマン氏の右腕として活躍している人です。最近の映画博物館の状況や、映画博物館に集まる映画愛好者などについてお話しいただき、ロシアの知られざる映画状況をご紹介していただきます。終了後に懇親会も開催します。ぜひご参加ください。

※パヴロフさんの滞在日程の都合で、月曜夜の開催ですので、ご注意ください。

日時:2014年3月24日(月) 18:15開会
会場:文京シビックセンター(東京・春日)3階会議室C
文京シビックセンター

講師:マクシム・パヴロフ氏(ロシア国立中央映画博物館副館長)
※日本語通訳付き
会費:一般会員無料(当日会員500円)

◎例会予告
◎4月例会予告
4月19日(土)18:15開会
文京シビックセンター4階会議室A
〈21世紀のエイゼンシュテイン(8)〉『アレクサンドル・ネフスキー』と歴史

◎5月例会予告
5月17日(土)18:15開会
文京シビックセンター4階会議室A
〈独立プロの日本映画史(3)〉「独立プロと反戦・反核映画の系譜」
講師:平沢清一(本会会員、日本映画復興会議幹事)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。