2014年04月03日

【上映】『アレクサンドル・ネフスキー』(東京、4/19)


エイゼンシュテイン・シネクラブ
4月例会(第253回)のご案内

〈21世紀のエイゼンシュテイン(8)〉
『アレクサンドル・ネフスキー』と歴史




 エイゼンシュテインが初めて完成させたトーキー長編映画『アレクサンドル・ネフスキー』。ロシア史上の“英雄”を描くという、それまでのエイゼンシュテイン作品とは毛色の違うものとなっています。それにもかかわらず、検閲により改作が求められました。映画が描いた時代、エイゼンシュテインが生きた時代、そして今を生きるわれわれの時代――3つの時代を貫いて表れるテーマを考えます。

日時:2014年4月19日(土) 18:15開会
会場:文京シビックセンター(東京・春日)4階会議室A
文京シビックセンター

上映:『アレクサンドル・ネフスキー』(1938年、エイゼンシュテイン監督)
※ビデオプロジェクター上映、日本語字幕付
講師:井上 徹(当会代表、映画史・ユーラシア文化研究)
会費:一般会員無料(当日会員500円)

◎例会予告
◎5月例会予告
5月17日(土)18:15開会
文京シビックセンター4階会議室A
〈独立プロの日本映画史(3)〉「独立プロと反戦・反核映画の系譜」
講師:平沢清一(本会会員、日本映画復興会議幹事)

◎6月例会=6月21日(土)(予定)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。